身長の伸びは、食事や生活環境などのさまざまな要因と、親から受け継いだ数割の遺伝的要素でなりたっています。身長はある意味個性でもありますが、中には病気によって低身長になってしまう子供もいるのです。どのような病気が関係しているのでしょうか。

 

診察

 

どのような子供が発育不全なのか

 

子供の身長の伸びには個人差があり、高い子もいれば低い子もいます。小学生のうちは低かった子が、中学生になると急激に伸びたということもあり、成長のスピードもそれぞれなのです。

 

身長はひとつの個性でもあるので多少低いくらいはあまり気にしなくていいと考えますが、中にはなんらかの病気や障害によって身長が伸びないという場合もあるんです。成長曲線SD(Standerd Deviation)でチェックしてみることをおすすめします。

 

平均より高ければ+、低ければ−となり、どれくらい平均値よりかけ離れているかによって低身長であるかが分かります。主に−2SD以下の子供は小児科で治療に必要がある低身長が疑われます。

 

発育不全低身長の原因とは

 

低身長として病院で治療が必要な場合、このような理由が考えられます。

 

  • 成長ホルモンや甲状腺ホルモンの分泌が悪いホルモン分泌不全
  • ターナー症候群やプラーダー・ヴィリ症候群のような染色体異常
  • SGA性低身長症のような子宮内発育不全
  • 軟骨異栄養症などの骨や軟骨の発育異常
  • 心臓や腎臓、肝臓などの主要機関の異常
  • 愛情遮断性症候群などの心理的要因

 

その他にも家族が低身長による遺伝的なものや、思春期遅延などの場合もあります。

 

低身長発育不全の治療は主にホルモン治療が軸となります。ですが、軟骨異栄養症などは外科的治療が行われる場合があります。

 

どの原因にもホルモン治療は効果的で、患者の状態を見て、成長ホルモンや甲状腺ホルモンを投与します。軟骨異栄養症の場合も、ホルモン治療で一定の効果が得られると言われています。ですが、時と場合によっては外科的手術が必要となり、骨延長術と呼ばれる治療を受けることもあります。これは、特別な延長器(創外固定器)を装着し、1日1mmずつ骨を伸ばしていく治療方法です。おおがかりな治療方法であるため、慎重な対応が求められます。

 

このように、低身長は単なる個性ではなく、発育不全、病気の可能性もゼロではありません。そのため、平均身長とあまりにもかけ離れている場合には、すぐに小児科を受診することをおすすめします。子供のうちからの早期の治療はそれだけ効果も高く、子供の成長に合わせた治療方法を選ぶことができます。