日本人の平均身長は、この数十年で男女ともに10p以上高くなりました。生活環境の変化、特に食事の変化はとても大きな要因であると言われています。

 

そんな日本人の平均身長がここ数年伸び悩んでいるというデータがあります。その理由とはなんでしょうか。そして諸外国との身長差についても見ていきましょう。

 

オランダ

 

日本人の平均身長はここ数年横這いってほんと?

 

日本人は欧米と比べても、また同じアジアの国々と比べてもあまり身長が高い民族であるとは言えませんが、50〜60年ほど前と比べると、男女ともに10p以上も平均身長が高くなりました。

 

栄養のある食事など、さまざまな生活環境の変化によって、次第に身長も高くなっていきました。このまま右肩上がりに伸びていくのではないかと思われていましたが、実は日本人の平均身長はここ数年伸びてなく横這いです。

 

現在の平均身長
  • 男性・・・約172p
  • 女性・・・約158p

 

現在の平均身長がここ数年一番高いと思われがちですが、実は2005年周辺が一番高く、女性はほぼ横這い、男性に至っては、緩やかに下降しています。日本人の平均身長が約10年以上前から伸び悩んでいることは事実のようです。

 

日本人の平均身長が伸び悩むその理由とは

 

飽食のこの時代、明らかに昔よりも豊富な栄養成分を摂取しているはずですが、日本人の平均身長が伸び悩んでいる理由はこのようなことが考えられます。

 

  • カロリー過多による肥満
  • インスタント食品などによる野菜不足や偏った栄養バランス
  • 夜遅くまでのゲームや塾通いによる睡眠不足
  • テレビゲームなどの室内遊びが増加したことによる運動不足

 

どれも身長の伸びを妨げる要因ばかりです。現代ならではの理由であると言えます。

 

他の国との平均身長の違い

 

世界各国の平均身長はどのようになっているのでしょうか。平均身長ベスト3はこちら。

 

  • 1位:オランダ 男性約184p・女性約171p
  • 2位:デンマーク 男性約約183p・女性約169p
  • 3位:ノルウェー 男性182p・女性約168p

 

このようにずらりと北欧諸国が並びます。4位以下もスウェーデンやドイツなどの国が続いており、平均身長の高さでは圧倒的にヨーロッパ圏の国が強いことが分かります。

 

上位の国では男性の平均身長は180pを軽く超えており、女性でも170p以上あります。150年の間になんと20pも平均身長が伸びたオランダは、もともとあまり食事にはこだわりがない国です。食事はとても簡素と言っていいでしょう。

 

ですが、オランダ人の多くは主食にじゃがいもを食べます。米食ではないオランダ人のじゃがいも消費量はとても多いのです。じゃがいもにはビタミンミネラルがとても豊富で、身長の伸びをサポートしてくれると考えられます。

 

また知っての通り、オランダはチーズ大国としても有名です。チーズなどの乳製品にはカルシウムが豊富で、これら乳製品を日頃から食べていることも影響していると言われています。また北欧などの寒い国では、身を守るために大きな体格になることも分かっており、生活環境も関係していると思われます。

 

日本人の平均身長がここ数年伸び悩んでいることは事実であり、その背景には、生活習慣や食習慣など、豊かな暮らしになった反面そのマイナス面が多く露呈してしまったと言わざるを得ません。北欧諸国などの平均身長がとても高い国と比べると、日本人の平均身長は高い方ではなく、身長を伸ばすためには毎日の生活習慣を見直すことがとても重要となります。