子供の心はさまざまな事情に対し揺れ動きやすく、とてもデリケート。精神的にダメージを受けると、色々な症状として体の表面に現れてくるとのこと。最も大きく伸びる時期にも関わらず、身長の伸びに影響を与えることもあるとか。子供のストレスと身長の関係性とはどのようなものなのでしょうか。

 

子供を取り巻くストレス社会

 

私たちが住む日本の状況は刻々と変化しています。家庭環境や学校、友人関係など子供が浮けるストレスはたくさん。物心がつく前の乳幼児でさえストレスを感じると言いますから、それは注意しなければならない重要事項。子供にとってどのようなストレスが考えられるのでしょうか。

  • 家庭環境
  • 子供にとって一番近い存在である過程環境。
  • 各家庭で子供が受けるストレスとはこのようなものが考えられます。
  • 両親の不仲
  • 両親の離婚
  • 親との信頼関係の悪化(ネグレクトや虐待)
  • 引っ越し

 

子供は親の心理状態を敏感に把握しています。両親の離婚で親と一緒にいられる時間がなくなったり、離婚していなくても不仲で、親の顔色を伺いながら気を使って生活している子供も。また、親からきちんと育児や世話を受けていなかったり、引っ越しなどで友達など親しい人と別れ、急に環境が変わることでも子供はストレスを感じます。

  • 学校生活
  • 友人や先生との人間関係
  • 学業不振

 

なかなか友達ができないとか、学校に居場所がないと感じたり、先生にも相談できない子供が増えています。また、小学校も高学年に入ると勉強も難しくなり、勉強についていけなくなる子供もいます。思ったような点数が取れないなどの問題もストレスの原因のひとつになります。

  • 将来への不安
  • 好きな子との関係
  • 進路についての悩み
  • 受験勉強や塾などのハードワーク

 

中学生以上になると、自分の世界を持ち、友人との関係性や親との関係性も幼児期とは変わってきます。体が成長するにつれ心も変化し、思春期ならではのストレスや悩みも持つようになります。このような悩みは、親とはいえなかなか入り込むことができないことが多いため、ストレス解消に大きな障害となります。

 

大人であればストレス解消方法もさまざまありますが、大人と比べ子供はその方法や手段、自由などが少なくなります。上手く伝えられないことも多いため、その症状がどんどん悪化してしまうのです。

 

子供のストレスが原因の症状とは

 

泣く子供

 

子供は自分が抱えている悩みやストレスを上手く伝えることができません。また、それがストレスであるかどうか、気付いていない場合も多く、自分でも知らず知らずのうちに精神的なダメージを負っているという場合もあります。成長してくると、親にはなかなか打ち明けられないということも。

 

そんな場合、子供がストレスを抱えているかどうか、どんな症状が現れているのかどうかをきちんと知ることが大切です。ストレスを受けている場合現れやすい症状はこのようなものが挙げられます。

  • 身体の発育不良
  • 部屋から出てこない
  • 不登校になる
  • 頭痛や下痢、発熱や嘔吐などの体の不調
  • パニックや呼吸困難になる
  • 奇声をあげたり暴力を振るう、物を壊すなど攻撃的になる
  • 起立性低血圧

 

起立性低血圧とは立ちくらみやめまい、動悸がしたりふらつくなどの症状が現れます。貧血の症状と似ているため間違えられやすいのですが、起立性低血圧はすストレスからくる自律神経の乱れを原因とするものです。

 

子供をしっかりと観察していれば分かりやすい症状が多いのですが、体の発育不良、身長の伸びはなかなか見てとれるものではありません。一番気付きにくい症状と言えるでしょう。また、ストレスと身長の伸びが関係していると知らない人も多いため、対処が遅れることが多くなります。

 

ストレスが多いと身長の伸びに影響を及ぼすのはなぜ?

 

ストレスは子供に大きな影響を与えることは良く知られています。さまざまな症状が現れますが、その症状の中に身長の伸びを抑制してしまうことが含まれているということは知らない人も多いのではないでしょうか。ストレスを多く抱えると、成長著しい体の発育が妨げられる場合もあるのです。その大きな原因のひとつとなるのが成長ホルモン

 

成長ホルモンは、脳下垂体から分泌されているホルモンのひとつで、甲状腺ホルモン性ホルモンと並び三大ホルモンのひとつと言われています。

 

成長ホルモンは美肌作用や疲労回復作用、細胞の生まれ変わりを助ける作用などさまざまな働きを持っており、身長を伸ばす、骨の成長を助ける働きも有名。ストレスは、成長ホルモンの分泌を妨げる物質を生みださせてしまい、成長ホルモンがスムーズにそして活発に分泌できなくなるのです。

 

また、ストレスは質のいい睡眠を妨害します。なかなか寝付けなず睡眠不足になるなどの症状が現れることも。成長ホルモンは、睡眠中に活発に分泌されることで知られており、睡眠を阻害されることは、ますますその症状を悪化させてしまうことになります。身長の伸び、健やかな発育には、メンタルケアも必然なのです。

 

成長ホルモンの分泌を促す成分をおいしいドリンクで摂取

安心感が嬉しいと選ばれている人気No.1はアスミール

 

アスミール

 

95%のパパママが「子どもに積極性が出てきた」と満足しているココア味のドリンクサプリです。1日1杯で約80%の栄養素が摂れるので、食のこだわりの強いお子さんにも安心。吸収率を高めたカルシウムのほか、成長ホルモンの分泌を助けるアルギニンと亜鉛を子供に安心なバランスで配合してあります。 

アスミールの公式サイトへ